弁護士法人アルファ総合法律事務所による、中小企業のための事業再生.comです。所沢・新宿・国分寺に法律事務所を構えております。

私的再生(私的整理)とは

  • HOME »
  • 私的再生(私的整理)とは

私的再生(私的整理)について(総論)

私的再生(私的整理)とは、

民事再生手続や破産手続のような裁判所を通じた法的再生ではなく、

基本的には裁判所の関与なしに、債権者(金融債権者に限る)と個別に交渉して月々の返済額や返済期間等に関する条件変更について合意する(いわゆるリスケジュール・リスケ)ものや、※特定調停の申し立てその他の私的整理等を指します。

※特定調停手続きは裁判所において行う手続きですが、金融機関のみを対象とし、全員の賛成を条件とするなど、私的再生の性格を有しているため、私的再生・私的整理に分類しております。

これらの方法は、同じ再建型手続でも、民事再生手続と異なり、裁判所を通じた法的手続ではないため、

①柔軟な対応が可能であること、
②手続を進めている事実が公表されるわけではないので会社の評判を大きく損なうことを避けることができること、
③金融債権者(銀行や金融業者)のみを対象とすることができるため取引先等に迷惑をかけずに済むこと、
④一般的に民事再生等の法的再生と比較して費用が低廉で済むこと

などのメリットがありますので、ご相談を受けた場合、まずは、私的再生の可否を検討することになります。

法的再生と比べた時の「私的再生のメリット」
①全体的に法的再生より柔軟な対応が可能
②手続きが公表されず、会社の評価への影響が比較的小さい
③取引先には迷惑をかけずに手続きできる
④比較的費用が安くすむ

しかし、他方で、返済額や返済期間等の条件変更について、あくまで債権者との個別の合意が必要であるため、債権者数が多数にのぼるような場合には、あまり現実的な手続ではないといえます。

したがいまして、この方法による会社の再建は、債権者数が少なく、返済額や返済期間について、債権者と個別に合意することが期待できる場合に限られるでしょう。

法的再生と比べた時の「私的再生のデメリット」
・各債権者との合意が必要なため、債権者が多数だと難しい

自分が私的再生で進められるのか、はたまた法的再生に踏み切るべきなのか悩まれた場合にはまずは当事務所の無料相談に足をお運びください

事業再生は所沢・国分寺・新宿の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook

事業再生業務エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 私的再生(私的整理)とはのページ
Copyright © 事業再生に強い所沢の弁護士 All Rights Reserved.
Top