詐害行為とは、債務者が、債権者に害の及ぶことを知りながら、故意に自己の財産を減少させ、債権者が十分な弁済を受けられないようにする行為を指します。

ただし、債権者は債権者取消権を行使することができるため、債権者はこれを取り消すことができます。

会社分割による再生時には、詐害行為について特に注意が必要とされます。