貸出条件の変更(リスケジュール等)申請時に必ずと言っていいほど提示や作成を求められる書類が経営改善計画書です。

貸出条件変更を行った日から最長1年以内に経営再建計画を策定する見込みがあるときには、1年間は貸出条件緩和債権には該当しないものと判断されることが多いため、提出を求められることが多いようです。

各企業で改善のアプローチは異なりますが、企業の「正確な現状把握」と「実現可能性の高い計画」が求められます。