第二会社方式とは、財務状況が悪化している中小企業の収益性のある事業を、会社分割や事業譲渡により切り離し、他の事業者(第二会社)に承継させ、また、不採算部門は旧会社に残し、特別清算等をすることにより事業の再生を図る再生スキームの一つを指します。

経済産業省による中小企業の事業再生の円滑化を目的として「第二会社方式」による再生計画の認定制度が創設されました。

中小企業がこの認定を受けると、税負担の軽減措置、金融支援といった特例を活用し、事業再生に取り組むことができたり、営業上必要な許認可等を承継することができたりします。