特定調停法とは、平成12年2月施行された法律で、正式名称は「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」です。管轄は簡易裁判所になります。

返済が困難な状況にある債務者と債権者との間に裁判所から選任された調停委員が入って、借金の整理をしていく画期的な制度が特定調停であり、債務者の救済に重点を置いた制度であると言えます。

多重債務や住宅ローン破綻の個人だけでなく、法人も利用できますが、実際には、特に中小企業の場合に特定調停で話がまとまることは殆どなく、民事再生法の活用事例のほうが圧倒的に多いといえるでしょう。