企業会計で、将来特定の支出や損失があらかじめ見積もれる場合に、それに備えて貸借対照表上に計上しておけるものを引当金といいます(例:退職給与引当金・貸倒引当金など)。

また、広義の引当金は、融資先企業の経営状態が悪化して回収できなくなった時のために、金融機関が積み立てておくお金のことも指します。

将来発生する費用(貸し倒れなど)を現在の財務諸表に反映させることを目的としています。