債権放棄とは、金融機関が貸付金の一部の返済を免除することをいいます。

例えば、企業が破産・倒産すると、銀行が回収できない債権が増え、関連企業が連鎖して破産・倒産してしまう可能性があります。

こういった事態を防ぎ、損失を最小限に抑えるために、銀行が債権の一部を免除し、企業の経営再建を支援することがあります。これが債権放棄です。

債権放棄を行うケースの一例としては、

①倒産処理をしないで債権放棄を行うほうが、残債権の回収額が大きくなると想定される場合

②税効果会計が厳格化されているため、引当金を積み続けるよりも、債権放棄を行い、損金扱いにしたほうが有利な場合

などが挙げられます。