会社更生法とは、経営に行き詰ってはいるが、再建の見込みがある株式会社について、債権者や株主の利害を調整しながら更生するための手続き等を定めた法律です。

この手続きによって事業再生を図る場合には、経営者は退任を余儀なくされます。

また、対象が株式会社に限定されており、実際には中小企業で利用されることは殆どない手続きであるといえます。