会社が一部の事業部門を切り離して新会社にしたり(新設分割)、他の会社に移したりする(吸収分割)ことを会社分割といいます。

資産や負債も分割し、資本関係もなくす手続きですが、事業再生においては債務と企業を切り離すために使われます。

基本的に、分離する事業部門の取引や従業員を債権者の同意なく新会社へ移せるなど、従来の事業譲渡による分社に比べて手続きが簡単であるといえ、また、条件さえ整えば、新会社へ資産を帳簿価格で移転でき、譲渡益課も実際の売却時まで繰り延べできるなど、税制上の優遇措置も受けられるようになっています。