企業の営業の全部あるいは一部をほかの会社に有償で譲渡することを、事業譲渡といいます。

ここでいう「事業」とは、資産、負債、契約関係、従業員、取引先、特許権など、有形・無形の財産のまとまりを指し、単に土地や設備を譲渡するのではありません。

権利・義務について個別に移転手続きなどが必要になるため会社分割より手続きが煩雑になるケースもあります。

また、譲渡した事業の対価として金銭の給付が必要な点も会社分割とは異なります。