中小企業再生支援協議会は、中小企業の再生を進めるために、産業活力再生特別措置法に基づき各都道府県に設置された公的組織で、多様性・地域性といった中小企業の特性をふまえ常駐する専門家が再生に関する相談を受け付け、助言や再生計画策定支援を行っている団体です。

 具体的には、中小企業再生の相談に対して、中小企業再生支援協議会の常駐専門家が適切な対応策を提示し、必要に応じ関係支援機関を紹介します(第一次対応)。

 また、相談案件のうち、再生のためには財務や事業の抜本的な見直しが必要な企業について、常駐専門家が個別企業の取組に対する助言を行い、必要に応じて、中小企業診断士、公認会計士、税理士、弁護士等の専門家に依頼して、共同で再生計画の作成支援を実施します (第二次対応)。

 相談費用は基本的に無料で、かつ、資産調査などにあたる費用については300万円まで国から補助金が出る場合があります(詳しくは協議会へお問い合わせください)。