経営環境や資金繰りの悪化を原因として、当初の約定どおりの返済が困難になった債務者からの貸出条件変更要請を金融機関が受け、既存の返済計画の見直し等を行う事業再生手続きを指します。

要するに支払いを延ばしてもらったりして、厳しい資金繰りの中で返済を行っていくために計画を練り直すことです。

具体的には、返済期間の延長、返済額の減額、据置き期間の導入などが具体的に行われることになります。

リスケジュールは「リスケ」と略されることもあります。