メイン寄せとは、私的整理の場合に、当該窮境企業の主力行(メインバンク)が他の債権者の分まで負担をすること(法的整理手続のもとでは債権者間の平等が原則)。

損失のメイン寄せが行われるかぎり、メインバンクの負担できる範囲でしか再生が進まないことがあります。