オフバランスとは、企業の貸借対照表(バランスシート)から不良債権等の資産を消し去ることを意味します。

資産と負債を切り離すことで、資産効率や財務体質の改善、企業価値の向上が見込まれ、外部評価を高める効果があります。

これを行うためにサービサーが活用される事案が数多くあります。