のれんとは、一種の無形固定資産(唯一ひらがなの勘定科目)で、具体的には、通常得意先関係、仕入先関係、販売の機会、営業の名声、営業上の秘訣、経営の組織などが挙げられます。

平易にいえば、企業のブランド力といえます。

事業再生などを目的としてM&A(企業買収)等を行う際に「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額がのれん代=営業権として計上されます。